【人肉食イベント?!】杉並のライブハウスにて【人を食べる?!】



東京都杉並区のライブハウスで5月に開「人体の一部を食べる」というイベントが開かれていたことが判明した!

ひ、人の肉を食べる?!
「一度は食べてみたい」とは思うかもしれないが、
それを実行に移してしまうのは一線を越えちゃいませんか?



杉並区のライブハウスで開かれた「人体の一部を食べる」というイベントが、食品衛生法などに抵触する可能性もあるということで、杉並保健所が調査を開始した。

ライブハウスの運営会社によれば、その「人肉食イベント」は芸術家の男性が主催し、約70人の観客が参加したとのこと。

芸術家の男性が事前に集めた20~30代の男女5名に、ステージ上で調理した人体の一部を食べさせたとのこと。


運営会社は主催者の芸術家の男性から、
「医療機関で切除した自分の体の一部を調理するので法的に問題はない」という説明があったため、ステージを貸したという。



げぇ!本当に人肉を食べたんですね・・・

「おいしいのか?」という疑問はおいといて、
やっぱダメでしょうそれはw

人としてやっちゃいけないよ!

法的に問題がなかったとしても、
倫理的に大問題だよ!

観客も観客だよ!
そんなの良く見たいと思ったね?


それと、「医療機関で切除した自分の体の一部を調理する」と説明していたが、それも怪しくないだろうか?
そもそも、病院が切除した体の一部を患者に渡すことなどどう考えても考えにくいです。ありえないでしょう。「自分の切除した体が欲しいからください」といわれてホイホイ渡しますか?

と、考えると、その「人肉」というのは、本当は誰の肉だったのでしょうか?


おお、こわいこわい。


・・・なんだか、こういう話を聞くと「カイジ」とか「銀と金」などの福本さんの漫画を思い出しますね。
「年老いた金持ちは何をするかわからん」という言葉が脳裏によぎります・・・


関連記事一覧

    None Found

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ