JT マイルドセブンをメビウス(MEVIUS)へ改名!一体なぜ?



皆さん、マイルドセブンってご存知ですか?

そうです、あの有名なタバコで。実はそのマイルドセブン、このたび名前が変わるそうなんです!


新しい名前はメビウス(MEVIUS)。

マイルドセブンの頭文字MとS、進化を表すevolutionの頭2文字EとV、そして私(I)とあなた(you)のつながりを表すIとUを組み合わせたものだそうです。


国内たばこブランドでは3割を占め、海外16か国で販売しているものの、その海外での売り上げが今一つであったり、EUで「マイルド」という言葉を煙草に使用することが禁じられており、競争力をさらに高めるためとの判断だそうです。

 JT社長曰く、「海外ではマイルドセブンの意味自体が分かりにくく、メビウスのほうがブランド名としてはふさわしい」とのことです。

 僕はたばこを吸う人間ではないのですが、正直この名称変更については微妙に感じます。

 海外での事情を考えるのなら、確かにその名称変更もやむを得ないのかもしれませんが、国内で長い間親しまれてきた「マイルドセブン」という名前、こちらも当然ブランドであると思います。そのブランドをあっさりと変えてしまうのはいかがなものかと思います。

どうせ変えてしまうなら、海外だけのほうの名称を変えてしまえばいいのではないでしょうか?


 日本でおなじみの柿の種や、きのこの山にたけのこの里。これらの商品はすべて海外では別名称で売られています。ぜひともJTには今一度これらを見習ってみてほしいものです。


関連記事一覧

    None Found

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ