根性焼きで被害者退学!?仙台の有名私立高はどこだ?



信じられないニュースが飛び込んできました。

「根性焼きのいじめ受けた」高2男子 仙台・有名私立高がなぜか退学求める

なんですかこれ。大津の一件といい、最近では学校がいじめ側に加担するのがブームなんですか?

 
同級生に殴る蹴るの暴行を受け、揚句にタバコのの火を腕に押し付けられ22か所のヤケドを負わされる、俗にいう「根性焼き」の被害にあった生徒。さらに彼はそのヤケドをプリクラで撮影され、「根性焼き最高」と書かれたシールを作らされたそうです。



 学校に相談するもののいじめが止まらず、今月初めに話し合いがもたれるまでは不登校が続いていたその生徒。彼に待ち受ける苦難はこれだけではありませんでした。

 いざ学校で両親・同級生・学校側での話し合いをしたところ、暴行は認めたものの根性焼きについては言及がなく、学校ではヤケドを見せた生徒を、「ほかの生徒の気分を害する」という理由で自主退学を求め、応じなければ即日退学処分にするといったそうです。

 こちらの高校、NHKで放送された校舎のモザイク部分と学校の写真を比較した結果、かなりの確率で仙台育英高校だといわれています。
最近の学校は小中高にかかわらず本当におかしくなってきているように感じます。

いじめがあったのはだれが見ても明らかであろうと、 物的証拠が出てこない限りは絶対にその事実を認めようとしない。被害者が死ねば、まさに「死人に口なし」と言わんばかりのその態度。なぜ動こうとしないのか、動いても加害者の保護を最優先にし、被害者のケアは後回しにするのか。

 真っ当な理由がなければ、そんな学校は潰れてしまった方ががいいのではないかと思ってしまいます。たとえ今甲子園に出ている名門校であっても。

 今回の件でその真っ当な理由が出てくることには毛ほども期待してはいませんが、今後の動向を見ていきたいと思います。


関連記事一覧

    None Found

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ