男子サッカー日韓戦は『戦争』になる!?韓国が竹島の所有権を主張






韓国メディア 竹島上陸で日韓戦は「“戦争”レベルの激戦」

8月10日の午後、韓国の李明博大統領が竹島(韓国名・独島)を訪問した。


向こうは日本側の中止要請を退けた形で侵入してきたようだ。
これでは両国の関係悪化は避けられない。

その影響は11に行われるロンドンオリンピック男子サッカー3位決定戦、日韓戦にも影響する。

銅メダルがかかっているこの戦いは、両国のライバル関係やサッカーが人気であることを考えると、
ただでさえヒートアップして荒れると考えられていた。

今回の竹島上陸は、日本の植民地からの解放記念日である8月15日の前に対日強硬姿勢を示すことで、
支持率回復を狙う韓国政府の意図が見られるそうだ。
しかし、五輪での対戦を前にしての上陸に対し韓国メディアからも疑問の声も上がっている。

よかった、韓国にもまともな人はいそうだ。

 
この火に油を注ぐ形の上陸に、韓国メディアは「今回の試合は単純な興味を越えて、“戦争”レベルの激戦になる」と懸念。
一方、韓国のサッカー代表チーム団長は、プレッシャーに戸惑いの声を上げつつ、
「これまでで最も激しい日韓戦になるだろう」と答えている。


今まで、サッカーの韓国戦はいつも荒れていた。
しかも今回は、竹島を懸けた戦争だ、と言わんばかりの姿勢が見られる。

まぁこちらは怪我のないフェアなプレーを望みますが・・
また女子バスケみたいにならないといいですね。
結局、純粋にスポーツに取り組む人が勝つんでしょうけど。

ただ、向こうは今回の試合に備え、準決勝で戦力温存までしているそうです(笑)
なんだかなあ・・


関連記事一覧

    None Found

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ