範馬刃牙(はんまバキ)完結!最終回のネタバレ!最強の親子喧嘩はどうなったのか?!





ついに、範馬刃牙(はんまばき)が最終回を迎えた!!

地上最強の親子喧嘩についに幕が下りた!!

その驚愕の結末とは?!!!

※以降ネタバレ注意





バキは、親父とともにちゃぶ台を囲む。

そして、バキがちゃぶ台をひっくり返す。

ちゃぶ台返しに焦る範馬勇次郎。

バキは、「親父・・・救われたなァ・・・」と意味深な言葉を放つ。


勇次郎は味噌汁がショッパイのを認めるのがイヤで、
ごまかそうとするために嘘をついていた。

その親父の動揺を察したバキが、ちゃぶ台返しをすることで、
親父を救ったというわけである。


以下、勇次郎の独白

「強さの最小単位とは、”ワガママを通す力”、”意思を通す力”」
「貴様はこのオレを、地上最強を炊事場へ立たせた」
「ワガママというなら、これ以上はあるまい」
「ここに・・・・・・地上最強を名乗れ」


ついに勇次郎が地上最強を手放したのである!

しかし、鼓膜が破れているバキにその言葉は届かない。

バキは、「見下ろしているものこそが勝利者」という
勇次郎の持論を持ち出し、敗北を認めた。


地上最強を手放した父。
勝利を手放した息子。

ここに地上最強の親子喧嘩は終了する。


ラストは、光成が「勝負ありっっ」という戦いの終わりを告げ、
バキと勇次郎が握手をしたシーンで完結です。


・・・そして、シリーズは続くっ!!





ネット上では投げっぱなしジャーマンとの声が出ていますねw

僕はいい終わり方だと思うんだけどなぁ。


関連記事一覧

    None Found

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ