料理研究家・ケンタロウの現状が明らかに… 支えるのは妻の大谷マキ 復帰の見込みは? 高次脳機能障害とは?




料理研究家のケンタロウさんの話題。
2月にオートバイで首都高を走っていたところ、転倒して6メートル下に転落して首を負傷するという大事故に逢ってから5ヶ月。彼の現状に関するニュースが少しだけ入ってきました。
事故のニュースは僕も知っており、すごく気になっていたので早速調べました。

事態は予想以上に厳しいものでした。

彼は現在両手両足が麻痺した寝たきり状態で、全身の筋肉が衰えて10kgも体重が落ちてしまったとのこと。

さらに意識はあるものの、物事の記憶をしたり、感情表現をすることはできず、言葉を発するのがやっとの状態らしいです。

これらの症状はすべて、高次脳機能障害と呼ばれる病状です。
脳機能障害の中でも外部から脳に受けた損傷が原因で発生する障害で、その症状はさまざまです。
ちょっと例を挙げるだけでも、感情をコントロールできなくなる、記憶ができなくなる、失語症を併発する(しゃべれなくなる)、周囲の状況が把握できなくなるなど、実にさまざま。

しかも脳神経というのは1度傷つくと再生は二度としないといわれており、6ヶ月たった今のこの状況から考えると復帰どころか日常生活に重大な障害を抱えることになる可能性が高いといわざるを得ない状況です。

そんな彼を献身的に支えるのが、妻でフードスタイリストの大谷マキさん。
家のある神奈川県の葉山町から東京都内のマンションに拠点を移し、毎日欠かさず病院に通って看病しているそうです。
毎日の看病の甲斐あってか、最近は笑ったような顔も見せるというケンタロウさん。

リハビリも行っているそうなのでぜひ復帰して、また料理の腕を振るうケンタロウさんの姿を見られることを心からお祈りします。


関連記事一覧

    None Found

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ