【夏の甲子園】決勝は史上初の春夏同一組み合わせ! 大阪桐蔭対光星学院!2012年の覇者はどっちだ!?気になる日程は?【速報】





高校球児の熱い夏も、今日を含めてあと2日。
今日は準決勝2試合が以下の組み合わせで行われました!
第1試合 大阪桐蔭 対 明徳義塾
第2試合 光星学院 対 東海大甲府

第1試合は4対0で大阪桐蔭が勝利!
6月の練習試合では明徳側が勝利していたらしく、対策をしっかりしてきた大阪桐蔭の藤浪晋太郎選手が明徳をわずか2安打に抑えての完封勝利となりました。
決勝では大阪桐蔭初めての春夏連覇が懸かります。

第2試合は9対3で光星学院が勝利!
9得点中6点がホームランによる得点という、打線大爆発の展開でした。
しかもそのうちの3点は、4番打者の北條選手による2つのホームランによるもの。
北條選手は今大会これが4つ目のホームランとなり、あと一つで清原和博さんの持つ大会記録、5ホームランに並びます。
一方の東海大甲府は打線をつないで3点を返すものの、要所をピッチャーの城間選手に抑えられて、得点につなげることができませんでした。

この2校の勝利により、決勝は春のセンバツと同じ顔合わせ。
春夏連覇を懸ける大阪桐蔭対昨年夏と春の準優勝で、初の東北勢優勝を懸かる光星学院、という
どちらが勝ってもおかしくない、まさに決勝にふさわしい白熱の展開が期待される顔ぶれとなりました。

春の選抜では7対3で大阪桐蔭が勝利していますが、今回は果たして…?

北條選手の記録・東北勢初の甲子園優勝・自校初めての春夏連覇と、気になることがたくさんあり楽しみな夏の甲子園。
試合は明日23日の午前10:30からの予定です。


関連記事一覧

    None Found

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ