【高校野球】夏の甲子園、決勝戦結果速報 光星学院、大阪桐蔭、勝ったのはどっちだ!?【甲子園2012】




夏の高校野球はいよいよ決勝。
史上初の春夏同一カードの決勝となった光星学院(青森)対大阪桐蔭(大阪)の試合。
史上7校目となる春夏連覇を大阪桐蔭が果たすか、それとも史上初の東北勢優勝を光星学院が果たすか!
また、光星学院の北條君の1大会ホームラン記録はどこまで伸びるのか!?
見どころが山ほどあった決勝戦は、予想通り息の詰まるような戦いになりました。

結果は3対0で大阪桐蔭が優勝!
エース藤浪選手が猛打の光星学院をわずか2ヒットに抑えての完全勝利。
大阪桐蔭は1回裏こそ満塁のチャンスをつぶされるものの、4回の裏に7番バッター・白水君のホームランが出ると、5回には守備の乱れから2点を追加。そのリードをきっちり守り切っての勝利となりました。
一方の光星は、2回の表に2アウトから盗塁で2・3塁というチャンスを作るものの、それ以降は3塁すら踏ませてもらえませんでした。
ホームランが期待された北條選手も、藤浪選手のたくみなピッチングの前に三振かフライに倒れました。

僕もこの試合を見ていましたが、ホームランは仕方ないとして、光星の守備が大きく乱れたように感じました。
5回の得点の前にも、1回裏の2アウト1塁から悪送球で満塁のピンチになるなど、全体としてどこかかみ合わない雰囲気でした。
因縁の相手を前に緊張してしまったのでしょうか?
6回以降は動きもよくなり、7回には再び満塁のピンチを招きつつもきっちり処理して抑えていたので、その辺が残念だったなぁと思いました。

しかし両高校ともよくここまで頑張りました!
光星学院はここまで3連続準優勝となり、またも「無冠の帝王」となってしまいましたが、来年の春のセンバツでは優勝旗を持って帰ってほしいですね。
そして大阪桐蔭、おめでとう!光星と違い、2年生が数人混じっているこちらのチーム、来年はもっとレベルアップして帰ってきてください!


関連記事一覧

    None Found

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ