【日本】外務省、韓国からの親書返送に門前払い!安住財務相は日韓スワップ協定白紙化も検討【韓国】





不協和音が一向に鳴り止まない日本と韓国の関係。
14日のイ・ミョンバク大統領の竹島(韓国名・独島)上陸に対し、
日本政府が竹島領有権問題を国際司法裁判所に共同提訴することを提案する親書を
野田総理からイ・ミョンバク大統領あてに送ったところ、韓国側は「竹島などという島は存在しないから受け取らない」
という子供じみた理論で受け取るのを拒否すると、さらに親書を返送すると言い出したのです。

そもそも親書って何だ?
あまり聞きなれない言葉ですが、要するに首相や天皇レベルの人が自筆で書いた手紙とのことです。
つまり、野田首相じきじきに韓国に竹島問題を国際問題とする必要があると提案したということですね。

23日に韓国大使館のキム参事官が実際に返しに来るものの、外務省側は立ち入りを拒否。
外務省幹部も「友好国間では今まで聞いたことがない」と、実質「前代未聞」と言うレベルで非難し、「韓国国内ではそういう雰囲気なんだろう」と呆れ顔。
さらに日本政府は、韓国が応じないなら単独提訴もやむをえないという姿勢を見せ、
安住財務相も10月に期限が切れる日韓スワップ協定を白紙にせざるを得ないと強硬姿勢を見せています。

正直に言いましょう。この対応GJ!!
一国の総理大臣が直筆で当てた大事な手紙を、気に入らないからといって「返す」と言い出すのが、仮にも国がやることか!?
いい加減日本はキレていいはずです。

日本も天皇陛下侮辱発言でようやくスイッチが入ったようだし、竹島問題はもともと国際問題です。
もめ事があって「こんなにもめるなら出るとこ出て白黒つけようじゃないか!」というのにもかかわらず「いやはっきりしてるからw」
といって裁判所に出るのを拒否するって、普通ありえないですよね?
出るとこ出たら負けるのを確信してるから出ないんじゃないか?
日本はこれまで2回共同提訴を提案し、韓国に拒否された時点で辞退してましたが、3度目の正直。
ここまできたらしっかりとけりをつけてほしいですね。

きちんと説明すれば、国際社会の理解は必ず得られるはずですからね。

もう遅いとは思うが、韓国は国際派を名乗るならいい加減目を覚ませ。


関連記事一覧

    None Found

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ