AKB48、大幅再編!その理由は?総監督に高橋みなみ、宮澤佐江らが海外移籍!(上海・ジャカルタ)



昨日24日、AKB48が東京ドームコンサートを行いました。
女性アイドルグループとしては初の3日間開催とあり、4万8千人もの大観衆が集まり、大盛況でした!
そんな中、初日の公演が終わった時、AKB劇場の支配人が突然壇上に上がり、大幅再編を宣言!
さらにメンバー4人を海外移籍することも同時に宣言したのです!
突然の発表に、ファンだけでなくメンバーまでも驚きを隠せません。
チームA・K・B・4の4つに分かれていたチームをA・K・Bの3つに再編。
さらに現Aチームのリーダー・高橋みなみさんが総監督になることになりました。
さて、突然の海外移籍となったのはいったい誰なのでしょうか?一人ずつ紹介します。

SNH48(上海)へ移籍
チームA・宮澤佐江

チームB・鈴木まりや


JKT(インドネシア・ジャカルタ)へ移籍
チームA・高城亜樹

チームA・仲川遥香


以上4人です。
また、5人が突然脱退したHKT48にも、チームAから多田愛佳さんの移籍が決まりました。


「AKBのさらなる発展のため」という名目なのですが、なんかちょっと違和感を感じるなというのが正直な感想です。
AKBはすでに十分成長しているし、今の体制でも十分実力はあるはずです。
ではなぜこのような事態が起こるのか、と考えると、SNHとJKTのほうに原因があるのではないかと思います。
そちらのほうがうまくいっていないから、日本側からメンバーを送ってテコ入れをしようとしているのではないかと感じます。
一気に移籍させるとまたHKTのようになるということでそのようになっているのではないかと思います。

移籍組は全員ブログで「自分の意志」と言っていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

JKT、SNHでのそれぞれの活躍には期待したいですが、ちょっと疑問の残る今回の電撃移籍だなと思いました。


関連記事一覧

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ