ヤングなでしこ(U-20)、4-0でスイスに快勝!準々決勝は韓国と!(また!?)




オリンピックで銀メダルを獲得したなでしこジャパン。
しかし女子サッカーはそれだけではありません!
本日、U-20女子ワールドカップのグループリーグの第3戦が行われました。
そして次世代のなでしこを担う若い世代、U-20の女子日本代表が見事2勝1分け0敗という
素晴らしい結果でグループリーグを通過しました!

田中陽子選手が2発のシュートを左右の足で1発ずつ決めるという素晴らしい活躍!
試合内容も最高というしかなく、「ヤングなでしこ」の名に恥じない素晴らしい活躍を見せてくれました!

ただ、残念ながら別の問題が不安視されます。
今回1位通過を決めたことにより、決勝トーナメントでの相手国が韓国になってしまったのです!

思い返されるのは、オリンピックでの3位決定戦。
パク・ジョンウ選手が「竹島は韓国領」のプラカードを掲げた問題ですね。

韓国と日本は、イ・ミョンバク大統領の竹島上陸に関わる一連の大きな問題が起こっています。
(ほとんど火種は韓国ですけどね…) -_-;)

ただでさえ旗がどうだ領土がどうだなどの様々な問題が起こってしまっているのに、こんな緊張状態で試合を行っていいのでしょうか?
あくまでスポーツなんですから、国同士のくだらない争いは抜きにして純粋な勝負をしてほしいです。

韓国との問題がらみでこの試合の記事を書くことがないことを祈ります。


関連記事一覧

    None Found

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ