【腹筋崩壊】ヘンテコすぎる日本地図!これはもはや芸術の域w【これはひどい】





よく人は言う。「バカと天才は紙一重」だと…
では、バカが本気になったら一体どんなものが作り出されるのか。天才的な芸術か、はたまたただのゴミクズか…
本日は皆様に、バカっぽい地図に関する動画をお届けします。



もともとは借力というサイトの管理人・一刀氏の発案で作られたんですが、どんどんおかしくなっていく日本地図が面白くて面白くて仕方ありませんw

作られたのは2003年で、その時代のブームを反映した地図ができているのが面白いですね。
例えば、宮崎県が知名度が低かったり(東国原知事の就任は2007年)、佐賀県が名前だけは知名度があったり
(お笑い芸人・はなわさんの「S・A・G・A佐賀!」が一大ブームに)と、現在作ってみたら大きな変化がありそうな感じがします。

なお、まともに残ったのは青森と沖縄だけw
東京は真ん丸・京都は長方形、北海道は白黒になったり、「水戸県」「仙台県」「神戸県」「名古屋県」「さいたま県(ひらがなのまま)」「博多県」などなど新しい県が作られたり、といじられ具合が半端じゃないw
ひどいところを挙げると、山梨県は全部まとめて富士山になり、和歌山県は空き地にされ、山口と島根はヒロシマ県(カタカナになった)に吸収合併され、兵庫は一部が取鳥砂丘になりました。(バカの頭の中では鳥取は間違いです。取鳥です)

なお、この動画はすべてフィクションなので、現実とごっちゃにはしないでくださいねw
間違えるとバカ扱いされますよw

なお、世界バージョンもありますが、これはまた後日紹介します。お楽しみに!


関連記事一覧

    None Found

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ