今夜はブルームーン!願い事が叶う!?そこに込められたさまざまな意味は?




今夜は「ブルームーン」の日らしいです。ブルームーンという言葉には聞き覚えがなかったんですが、言葉の響きがきれいだったので気になって調べてみました。
その意味とは…

ブルームーンには大きく4つの意味がありました。
まずメインじゃないものから。
1.文字通り青い色の月。
上にあげている画像のような感じなんですが、空気中のチリの状況でこのように青くなるそうです。
月の色といえば白か黄色のイメージが強いので、こういう色の月を見ると幻想的な気分になりますね。
2.青い色のバラの品種。

青というよりは薄紫のような感じですね。世界的に評価が高いそうで、育てるのはすごく難しいそうです。実物は見たことないですが、ほんとに綺麗ですね。
3.カクテルの名前。

ジンをベースにスミレのリキュールとレモンジュースを加えたカクテルで、1900年ごろに発明されたらしいですが、詳しい発祥は知られてないそうです。
見た目が幻想的で、いかにも「バー」っていう雰囲気に合ってます。

ただ、今回話題のブルームーンはこれとは全く関係がなく、ひと月に2回満月が現れる現象のことを言うらしいです。
月は29.5日の周期で満ち欠けを繰り返しており、3~5年に1回はブルームーンの現象が起こるんです。
そして今日、8月31日がまさにそのブルームーン。

200年周期で来る金環日食に比べればさすがに珍しさは減りますが、それでも珍しい現象ですよね。

そしてなんと!ブルームーンを見ながら願い事をすれば、その願いが叶うという言い伝えもあります。
いつもは空なんて見上げない人も、今夜は空を見上げて、月にお願いしてみてはどうでしょうか?


関連記事一覧

    None Found

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ