【サッカー】日韓戦、旭日旗持ち込みを禁止される!ネット上では賛否両論【動画あり】



どうやら昨日の日韓戦、戦いは選手だけでなく観客との間にもあったようですね。
旭日旗を応援で持ち込もうとした男性が、係員に旗の持ち込みを禁止され、没収されたんです。
この様子がYoutubeにアップロードされると、たちまちインターネット上で騒ぎに。
今回はその経緯について紹介します。

サッカー日韓戦に限らず、スポーツの試合では様々な応援グッズが使われます。
国際試合では国旗をもちこんだり、顔にペイントしてみたり、選手のユニフォームを着てみたり、応援のプラカードを掲げてみたりと様々です。
旭日旗もその一つ。これまで幾度となく応援席では旭日旗の姿を見ています。

が、しかしその応援グッズがオリンピック男子サッカーの3位決定日韓戦で問題に。
選手が「独島はわが領土」と書いたプラカードを掲げた問題は記憶に新しいですが、さらにもう一つ。
韓国側がそれに反発して、「日本が応援で旭日旗を使うのはおかしい!」と言い出したのです。
旭日旗は太平洋戦争終結まで日本の国旗だったので、ナチスのような思想をスポーツに持ち込んでいることの表れだということらしいです。
まぁそれ自体はいつもの韓国か、という感じで何でもないように感じますし、FIFAの会長の「そんな問題があることすら知らなかった」という言葉で旭日旗は「問題なし」というお墨付きをいただいています。

しかし、会場側ではこの件で問題が起こるのを恐れたためか、FIFAから通達があり、旭日旗の持ち込みを禁止したということがあり、一部で騒動になりました。
その時の様子がこちら。



この件では「よくやった!」と称賛したり「配慮しすぎ!」といった係員への怒りの声と「政治的意図があったら問題」「韓国叩きたいだけ」と非難する声がありますが、ニュースと動画を見てみた感じでの僕の意見は後者ですね。

政治的意図があったらヤバいという意見には全面的に賛成だし、これがきっかけで問題が悪化し、韓国に「それ見たことか!」といわせる口実を与えてしまうかもしれないですよね?
持ち込んだ観客の方の気持ちはよくわかるんですが、韓国に執着されるとめんどくさいことになるのは慰安婦問題・竹島問題をはじめたくさんの具体例があるので、どうかここは抑えてほしいと思います。

今回の件で永久に旭日旗の持ち込み禁止!なんて言われてしまったら韓国の思うツボです!
今はこちらが旭日旗を持つことの正当性をきちんと主張するときだと思います。
でなければ韓国と同レベルまで落ちなくてはならないですよね?
わざわざバカになって国旗禁止なんてバカを見ることはないです。


関連記事一覧

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ